Keep growing! Bastien Piano Method♪
Bastien top logo small

【開催レポート】アメリカ バスティン・ツアー2013(2)

December 01, 2013

2013Bastientour_web01.jpg10月27日(日)-11月1日(金)、日本のバスティン指導者17名とスタッフで、アメリカ カリフォルニア州サンディエゴへ、ジェーン・バスティン先生、ローリー・バスティン先生を訪ね、レッスン見学をしてまいりました。 (→前回のレポート(1)はこちら) 今回は主に、ジェーン先生・ローリー先生のグループレッスン見学についてご紹介します。
2013Bastientour_web20.jpgジェーン先生のレッスンスタジオと「ブルーハウス」は坂の上。その美しいお庭から、真っ青な海が臨めます。午前中のワークショップ、ランチタイムが終わると、まもなく生徒さん達が集まってきます。グランドピアノ、アップライトが1台ずつと、電子ピアノが数台のレッスン室は、生徒さんたちがすぐに音を出せるようにいつも整っています。
今回は、MTAC(MUSIC TEACHERS' ASSOCIATION of CALIFORNIA。カリフォルニア州の音楽指導者協会)の検定試験の準備も兼ね、セオリーを基本としたグループレッスンが展開されていました。とはいっても、卓上でのテキスト指導だけではなく、楽典が演奏につながるよう、みんなで音を出して、弾いた音を耳で聴いて学んだり、ゲームを通じて楽しみながら理解を促したり、たくさんの工夫がありました。 2013Bastientour_web11.jpg2013Bastientour_web10.jpg
2013Bastientour_web03.jpg日本でもおなじみの「フラッシュカード」も、ジェーン先生のレッスン室では、「何秒で全部のカードを読めたか」自己ベストを目指します。ベストタイムが出せたら、教室に貼られている自分の写真入りスコアカードを更新!生徒さんがいつでもワクワク、達成感を味える工夫が、あちこちにあります。 一方、次女ローリー先生のスタジオでも、午後のレッスンが始まります。「今、こういうことを勉強しているのよ」「この子はこの曲が大好きなの」と、ローリー先生が参加者に細かく解説してくださいます。また、スプーンゲームや音楽ビンゴ、カードゲームを使ったグループレッスンでは、日本の先生方も生徒さんに混じって、大いに盛り上がりました!
2013Bastientour_web15.jpg2013Bastientour_web16.jpg2013Bastientour_web17.jpg ※ジェーン先生宅の個人レッスン見学では、通訳の声・タイミングが、レッスンの妨げになるおそれがあるため、レッスンのサマリー(要約)・指導内容を、通訳とスタッフがその場でまとめ、参加者持参のスマートフォンやiPadで閲覧できるよう、工夫をしました。
2013Bastientour_web05.jpgローリー先生のワークショップもまた、参加型。全員が生徒・先生役になって演奏します。私達のために学校を休んで来て下さった生徒さんの演奏や、そのご父兄へのインタビュータイムなど、貴重な体験が満載でした。 ↓ボタンや花柄がいっぱい!キュートなローリー先生のスタジオ☆
2013Bastientour_web04.jpg2013Bastientour_web06.jpg
スマイルの素敵な、私達の憧れのバスティン先生。ところが、ご本人は「私も人間。機嫌の悪い日もあれば、腹の立つこともあります。」とおっしゃいます。 2013Bastientour_web14.jpg「でも、いったんレッスン室のドアを開けて中に入ったら、プロとして明るく、安定した気持ちで、前向きに指導しています。」 なんと、勇気のでる言葉でしょう。 生徒さんの中には、本当にさまざまなタイプの子供がいますが、先生のその姿勢を感じてみんな協力してくれるそうです。 (写真:参加者のために開催された「コンチェルト・コンサート」より)
また、ワークショップ最終日のQ&Aコーナーで、バスティン先生から一言。 「参加者のみなさん、皆さんはご自身のためのピアノ練習をしていますか?」 遠慮もあってか、なかなか手の上がらない様子を見て、「私は、自分のために結構練習をしています。それが、とても楽しいんですよ」。思わず、2010年の来日講座での、その美しい演奏を思い出しました。指導者が日々練習すること、また演奏を楽しむことこそ、生徒さん達への「練習しましょうね」という声かけに力が宿るのではないか・・・と感じさせられました。
2013Bastientour_web21.jpg最後にバスティン先生からアドバイスが。 「もし、ピアノのレッスンを辞めたい、興味がなくなった、という生徒がいたら、ピアノ名曲集3巻の"水兵の歌"(グリーグ作曲/楽譜クリックで拡大します)を弾かせてみてください。弾けない箇所・指が届かない音が出てきたら、音を変えてもいいです。この曲の力で、"ピアノも悪くないな"と言って、続けてくれることでしょう。"
生徒に寄り添い、ともに成長し、進化し続けるバスティン・メソードと、バスティン指導者。 「生徒の悪いところではなく、いいところを数えるようにしている」というジェーン先生にならって、私達も日々のレッスンを、丁寧に、真摯に取り組んでまいりましょう!!



セミナー情報・新刊情報・コンクール課題曲情報 etc...
メール会員登録(無料)


title

2019コンペ課題曲関連販売物

課題曲選曲のサポートに!生徒と音源をシェアできるマイレパートリーも好評!

title

2019夏期集中講座

パーティーシリーズを2日間でマスター!今年の講師陣は熊本バス研♪

title

バスティン3Dリトミック

ピアノに入る前に&入った後も!真の音楽力を身体に染み込ませていきます。

title

オールインワン プリマーA・B

忙しい子どもたちに無理なく効率良く学べるように開発された教本!

title

バスティンで教える指導者

バスティンで指導されている先生を紹介します!※バスティンマーク取得者

title

2019パーフェクトセミナープラス

時代の転換期に必要なピアノ指導法とは?

title

オンラインで学ぶ!

あの講座をもう一度聴きたい!ピティナのeラーニングでいつでも好きな時間に講座が聴けます!

title

Jane Bastien ADRC基金への寄付報告

故ジェーン・バスティン先生のご遺志による寄付のご報告

title

お問い合わせはこちら

バスティンに関するご質問はこちらから!

title

レッスンタイムとは...?

宿題管理、生徒管理にお困りの先生必見!無料で始められます!

title

合奏譜によるバッハシンフォニア

赤松林太郎先生ご推薦!ポリフォニーを立体的に学べる楽譜が登場!

title

お教室のチラシ、作りませんか?

バスティンで指導している先生必見!素敵な生徒募集チラシを格安で制作。

title

各種コンクール課題曲情報

全国各地のコンクールで、バスティンが課題曲になっています!

title

ピアノが楽しくなるチェルニー!

可愛い挿絵・練習の手引・アナリーゼで、毎日練習したくなるチェルニー30番!

title

バスティン・メールニュース

新商品のご案内、お近くのセミナー情報etc...いま必要な最新ニュースをお届け!

title

東音講座キャンセルポリシー

講座へお申込後、お客様のご都合によりキャンセルされる際は、東音企画までご連絡下さい。