Keep growing! Bastien Piano Method♪
Bastien top logo small

【インタビュー】田中巳穂先生 (兵庫県神戸市)

January 27, 2011

mihotanaka.jpg メールニュース巻頭インタビュー 第11回 田中巳穂先生(兵庫県神戸市) 「通訳として見る、バスティン先生の魅力」 ◆バスティン・メソードとのかかわり 今年4月のジェーン・バスティン先生が来日講座に先駆け、 通訳の立場から感じるジェーン・バスティン先生の素晴らしさを お伝えしたいと思います。 バスティン先生来日特別講座の通訳として、以前から全国をご一緒 する機会をいただいてきました。またアメリカ・サンディエゴの バスティン先生宅をたずねる「バスティン・ツアー」にも、2006年 から通訳として参加しています。 講座やワークショップでは、ジェーン先生のお話の微妙なニュアンス を汲んで、皆さんにお伝えするよう心がけていますが、お付き合いの 回数を重ねるうち、お人柄やお考えがより深く伝わってきます。 バスティン・メソードとのお付き合いは30年以上になります。 出会いは小学生の時、恩師 武田宏子先生のお教室でした。 私は子どもの頃から即興演奏が好きで、ピアノをおもちゃにして 遊ぶような感覚でした。バスティン・メソードにも、音の重なる おもしろさ、移調の感覚のおもしろさがありますが、それが 自分のピアノの楽しみ方と相性がよかったのでしょう。 大学生になってからは、福田靖子先生にお招きいただき、東京 巣鴨のバスティンセミナーに通ったものでした。 ◆生徒目線でのバスティン先生 バスティン・ツアーで初めてバスティン先生のスタジオを訪ねた時は、 大変衝撃を受けました。 特に、生徒が待合室からレッスン室に入る瞬間、ジェーン先生が 笑顔であたたかく迎え入れて下さり、それが、あたかもスターが 晴れの舞台で演奏するような、そんな特別な雰囲気であることに 驚きました。このことこそ「ブルーハウス」(レッスン室の向かいの リサイタル室がある家)のリサイタルにおける、生徒たちの堂々と した素晴らしい演奏につながるのだと思いました。 また、ジェーン先生のレッスンは、時間に大変正確です。 レッスン中は個人的な会話が多くみられ、例えば学校、クラブ、 勉強等についてですが、レッスンが決して日常と乖離していません。 早く来た生徒は呼ばれるまで待合室で待っていますので、レッスンを 受ける生徒は、先生との2人だけの親密な時間を持つことができます。 そこに信頼感が生まれ、どの生徒も「先生大好き」で、尊敬を伴った ほど良い距離感があります。 他の生徒を、時間になるまでレッスン室に入れないことのもう一つの メリットは、生徒同士、親御さん同士がお互いを比べることのない点です。 子ども達は安心して、自分の目標に向かって頑張ることができるのです。 ◆指導者目線でのバスティン先生 ジェーン先生のレッスンが時間に正確であることは申し上げましたが、 その時間の使い方の巧みさは大変勉強になります。 1回のレッスンの引き際を心得ていらっしゃいますし、内容に緩急が あります。言葉の選び方、声のトーン、動作など、体全体を使っての 働きかけがあたたかく、それ自体が音楽的に感じました。 また、先生のレッスンやセミナーはもちろん、ツアーで訪ねた際に 私達に対して企画してくださったどんな事においても、起承転結が あって、よく考えられていることに驚きました。 伝えたいことが、全体の流れを通して理解できるよう構築されている のです。1レッスン、1クール、1年を通じて、おそらく先生は、 このように綿密に物事を組み立てられているのだと思いました。 ◆ジェーン先生の、日本人レスナーへの思い ジェーン先生とお話していますと、私達日本人レスナーが、 教育のよりどころとして、バスティン・メソードをきめ細かく扱い、 育てていることを、嬉しくお感じになっていることがわかります。 同時に、日本独自で発達しているバスティンの形についても、日本と アメリカの文化の違いを汲んだ上で、日本人レスナーを信頼して くださっています。 だからこそ、来日講座やバスティン・ツアーで、ジェーン先生の 「最新」を見せて下さったり、またバスティン・ツアー2010の ように、年度初めの、1回目のレッスンさえ見せてくださるのです。 ◆バスティン・メソードの研究と実践 このように、ジェーン先生から直接、たくさんのことを学ばせて いただきながら、現在は鳴門教育大学・大学院で講師をつとめ、 バスティン・メソードについての研究も行っています。 先日の巻頭インタビューで、上総治子先生が仰っておられた 「音楽教育と人間形成」はメソードの要ととらえられるもので、 浅見英夫先生、重永洋子先生を始めとする諸先生方のご研究でも 述べられている所です。 実践においては、藤原亜津子先生から「発達待ち」の心を実地に ご指導いただきました。、バスティンユーザーの先生方の実践を ふまえて、自分も学び、行動していきたいと思っています。 バスティン・ベーシックスの4冊、ピアノ・セオリー・パフォーマンス・ テクニックが互いに関連して効果が定着するスパイラル学習の 良いモデルであることについて、そして「体」(テクニック)、 「歌心」(表現)だけでなく、セオリー等の約束事やパターンの 了解といった「頭での理解」(認識)も不可欠であり、その コーディネーションの重要性については自身の修士論文などにも 述べています。 この「頭を鍛える」ことこそバスティンの醍醐味であり、「歌心」 「体」「頭」の3つのコーディネーションが円滑になるよう 意識を向けていくことで、機能が向上し、他分野にも応用できる ような人間力向上の効果が期待できるのではないかと考えています。 また、バスティン・ホームページ おすすめ楽譜コーナーでは 「マジックフィンガー・テクニック」教材とその活用法について ご紹介することになりました。 私が生徒に使っている、ジェームス・バスティン先生の、この 「マジック・フィンガーテクニック」は、大変綿密なテクニック 習得計画に基づいて書かれている教材で、一つ一つの曲が短いため、 指の独立や全調、音楽性等、いかようにも指導者の個性や 願いを盛り込め、また活用できる素晴らしい教材です。 どうぞお楽しみに!そして一度お手に取ってご覧下さい。 ◆最後に ジェーン先生に影響を受け、大切にしていることがあります。 それは、生徒自身が「自分の言葉で発言できる」ということです。 例えば、発表会では、会の最後に全員を舞台に並べ、一人一言ずつ 自分の言葉で、会場のお客様に御礼を述べてもらいます。 レッスンでも、演奏する前に曲の情報について言葉で説明すること を習慣づけています。 生徒たちが人間として成長し、音楽の楽しみを分かちあい、自分の 言葉で感謝を表せるように育ってほしい、という願いを受け継いで いきたいと思っています。 2011年4月18日から全国8箇所で開催される来日講座にぜひお越し ください。そして、ジェーン先生のお人柄と笑顔に触れて下さい。 皆様がジェーン先生からお感じになったものを、これからの指導に 生かされる、そのお手伝いができましたなら、こんなに幸せな ことはありません。



セミナー情報・新刊情報・コンクール課題曲情報 etc...
メール会員登録(無料)


title

2019コンペ課題曲関連販売物

課題曲選曲のサポートに!生徒と音源をシェアできるマイレパートリーも好評!

title

バスティン3Dリトミック

ピアノに入る前に&入った後も!真の音楽力を身体に染み込ませていきます。

title

オールインワン プリマーA・B

忙しい子どもたちに無理なく効率良く学べるように開発された教本!

title

バスティンで教える指導者

バスティンで指導されている先生を紹介します!※バスティンマーク取得者

title

2019パーフェクトセミナープラス

時代の転換期に必要なピアノ指導法とは?

title

オンラインで学ぶ!

あの講座をもう一度聴きたい!ピティナのeラーニングでいつでも好きな時間に講座が聴けます!

title

Jane Bastien ADRC基金への寄付報告

故ジェーン・バスティン先生のご遺志による寄付のご報告

title

お問い合わせはこちら

バスティンに関するご質問はこちらから!

title

レッスンタイムとは...?

宿題管理、生徒管理にお困りの先生必見!無料で始められます!

title

合奏譜によるバッハシンフォニア

赤松林太郎先生ご推薦!ポリフォニーを立体的に学べる楽譜が登場!

title

お教室のチラシ、作りませんか?

バスティンで指導している先生必見!素敵な生徒募集チラシを格安で制作。

title

各種コンクール課題曲情報

全国各地のコンクールで、バスティンが課題曲になっています!

title

ピアノが楽しくなるチェルニー!

可愛い挿絵・練習の手引・アナリーゼで、毎日練習したくなるチェルニー30番!

title

バスティン・メールニュース

新商品のご案内、お近くのセミナー情報etc...いま必要な最新ニュースをお届け!

title

東音講座キャンセルポリシー

講座へお申込後、お客様のご都合によりキャンセルされる際は、東音企画までご連絡下さい。