進化し続けるピアノメソード、バスティン♪

バスティン・メソード

バスティン・メソードとは


バスティンメソードとは?

ジェーン・バスティン先生 ピアノの演奏技術を身につけるだけではなく、音楽のあらゆる分野を学習しながら幅広い音楽体験がなされるように構成された学習法で、1970年代にアメリカのジェーン&ジェームス・バスティン夫妻により、創始・開発されました。

導入期より全調の導入

バスティン・メソードの順序だてたレッスンを取り入れることにより、ピアノ鍵盤の理解、リズム、聴音、和声、創作、即興演奏、移調、理論、テクニック、アンサンブル、初見、読譜、鑑賞、バランスの取れたレパートリーなど音楽のあらゆる分野を習得することが出来ます。

生徒の学ぶ力を育てる

これにより、生徒が早い段階から自分で学習する力を身につけることができ、「演奏を楽しむ」という音楽の本質的な価値を生徒に理解してもらうことができます。

3つの特徴

バスティンメソードでは、次の3つを柱にしてレッスンをすすめられるように構成されています。

(1)数こなし式

宿題は楽に弾ける曲を数多く持たせること。生徒にとって難しい曲を1?2曲宿題に出すのではなく、、楽にこなせる曲を数多く弾かせます。これにより生徒は楽譜をみていろいろな曲がたくさん弾けたということに達成感を得ることができて、ますますやる気を起こすはずです。同じレベルの曲を数多くこなすことで、自然と真の読譜力がつき、初見もできるようになります。ちなみにバスティン先生は30分のレッスンで短い曲を15曲以上弾かせます。

(2)かみくだき式

新しい課題を無理なく導入するために、予備練習から基礎、応用、展開へと順序よく自然と指導ができるようつくられています。また主教材の「ピアノ」はもとより、「パフォーマンス」「テクニック」「併用曲集」などの教材を使って、いろいろな角度から、手を変え品を変えひとつの課題について学習できます。たとえば、スタッカートを学習する場合は予備練習?応用?展開へとステップアップしていくかたちになっています。

(3)逆算式

指導者は常にゴールから逆算して、生徒一人一人のそれまでの道のりを考えること、4期(バロック、クラシック、ロマン、近現代)の名曲を弾くために必要な音楽理論、テクニック、音楽性などを導入期から、各時期にあわせた形でバランスよく取り入れています。特に全調の移調は早い時期からの導入を目指し、4つにグループ分けして教えています。

プレリーディングの重要性

プレリーディングとは

小学校に入る前のこどもたちは、細かい差分を理解する能力が発達していないため、いきなり五線譜を理解させうようとしても、第一線と第二線の違いといった細かいを区別するといったことができません。こうした導入期の読譜をサポートするしくみとして開発されたものがプレリーディング譜なのです。

プレリーディング譜の導入

リズムと音の高低をイラストとあわせて五線譜を読む準備段階の楽譜です。音符には指番号と音名が書かれ、音符が宙に浮いたかたちです。 このプレリーディング譜を使うことによってはじめから両手10指を使って弾く満足感を味わうことができます。

プレリーディング譜の効果的な使用

(1)ポジションと指の確認。 (2)指はポジションの鍵盤にしっかり乗せる。 (3)鍵盤の位置と音名をしっかり覚える。 (4)指をおいて、目は本から離さない。リズムを言いながら弾く。

まとめ

以上、プレリーディング譜なしで「音楽の基礎は育たない」ほど重要かつ大切であることがご理解いただけましたでしょうか?バスティン先生の長年の音楽指導経験から確信、開発に至っています。全国各地で、講座も開催しているのでそうした機会をご活用ください。

バスティン一家について

ジェーン・バスティン

世界80ヶ国、16言語に翻訳され、ピアノメソードでは、全米一の売上を誇るバスティン・メソードの著者。 3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。  カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。  バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。  「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。 これまでのジェーン女史とジェームス氏の音楽と音楽教育に対する多大な貢献に対して、1999年に全米音楽指導者協会(MTNA)よりMTNA Lifetime Achievement Awardが授与された。

ジェームス・バスティン(1934-2005)

ジェームズは1960年にニューオーリンズでジェーン・スマイサーに出会い、スマイサー・アンド・バスティンとしてピアノ・デュオのユニットとして活動した。さらに、ジェームズはコロンビア認定の伴奏であり、リチャード・タッカー、ジョン・アレクサンダーなどの伴奏者としても活躍。この頃から、ジムとジェーンは自分の生徒たちのために作曲も始めた。これが、その後多くのピアノ指導者や生徒たちに多大な影響を与えることになる「バスティン・メソード」の始まりである。    バスティン・メソードは1963年からチョス社より世界中で出版され、今では14ヶ国語に翻訳されている。1999年、MTNAはジムとジェーンの音楽教育への多大な貢献と成果をたたえて、最も大きな賞である"Lifetime Achievement Award"を授与した。ジムはその長いキャリアを通して、ピアノ教育、作曲、執筆、演奏などにおいて世界中に名を知られるようになった。素晴らしい300以上の著作物によって、ジムとジェーンは革新的なピアノ教育者として知られるようになった。2005年12月没。

コンテンツ一覧

課題曲CD

2017年度コンペ課題曲関連販売物

今年も素敵な演奏が詰まった課題曲CD!アナリーゼ特集はVol.1がフルカラーに!


パーフェクトセミナープラス2017

2017パーフェクトセミナープラス

変わり続ける社会の中で「今」必要なピアノ指導法をレクチャー!

オールインワンシリーズ

[英語版]オールインワン

多様化するピアノ学習者のニーズに対応した、全く新しいシリーズ!

合奏譜によるバッハシンフォニア

合奏譜によるバッハシンフォニア

赤松林太郎先生ご推薦!ポリフォニーを立体的に学べる楽譜が登場!

レッスンタイム

レッスンタイムとは・・・?

宿題管理、生徒管理にお困りの先生必見!今なら無料モニター期間中!

チェルニー30番

ピアノが楽しくなるチェルニー!

可愛い挿絵・練習の手引・アナリーゼで、毎日練習したくなるチェルニー30番!

生徒募集チラシ

お教室のチラシ、作りませんか?

バスティンで指導している先生必見!素敵なデザインの生徒募集チラシを格安で制作。

お問い合わせ

Contact Us

バスティンメソードへのお問い合わせはこちらから。

メールニュース登録

バスティン・メールニュース

新商品のご案内、お近くのセミナー情報etc...いま必要な最新ニュースをお届け!

各種コンクール課題曲情報

各種コンクール課題曲情報

全国各地のコンクールで、バスティンが課題曲になっています!

東音講座キャンセルポリシー

東音講座キャンセルポリシー

講座へお申込後、お客さまのご都合によりキャンセルされる際は、株式会社東音企画までご連絡ください。