ホーム > 出演者> 髙橋 絵理

髙橋 絵里
たかはし えり

楽器:ソプラノ

プロフィール

秋田県出身。国立音楽大学声楽科卒業、同大学院声楽専攻オペラコース修了。二期会オペラ研修所第50期修了、修了時に優秀賞・奨励賞受賞。新国立劇場オペラ研修所第10期生修了。第47回日伊声楽コンコルソ第3位受賞。2011年11月には難関の第6回静岡国際オペラコンクールで第3位(1位なし)、あわせてオーディエンス賞を受賞。 オペラはこれまでに、大学院オペラ『フィガロの結婚』伯爵夫人、大学院オペラ『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・アンナ、新国立劇場オペラ研修所公演では『フィガロの結婚』伯爵夫人、『カルメル会修道女の対話』新修道院長リドワーヌ、『ファルスタッフ』アリーチェで出演。新国立劇場オペラ劇場公演では、2008年『魔弾の射手』花嫁に付き添う四人の乙女で出演。2010年に行われた沼尻竜典指揮トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ・オペラ・プロジェクト第2弾では『フィガロの結婚』伯爵夫人で出演し高い評価を得た。また2011年めぐろパーシモンホール主催「これがオペラだⅦ」『メリー・ウィドウ』ではハンナ役で出演し、瑞々しい歌唱と艶やかな舞台姿で魅了した。東京二期会公演では、2010年『メリー・ウィドウ』ハンナ、2011年『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・アンナのカヴァーを務め、2012年二期会創立60周年記念公演『パリアッチ(道化師)』(パオロ・カリニャーニ指揮/田尾下哲演出)ネッダでデビューを飾る。2013年7-8月二期会『ホフマン物語』アントニアで出演予定。コンサートではベートーヴェン「第九」、ヴェルディ「レクイエム」、モーツァルト「レクイエム」「変ロ長調ミサ」、ハイドン「戦時のミサ」、ラター「グローリア」等のソリストを務める。二期会会員

関連ニュース

ホーム > 出演者> 髙橋 絵理
Copyright 1996-2014 TO-ON KIKAKU Co., Ltd.