ホーム > アーティスト> 関本 昌平

協力アーティスト

関本 昌平
Shohei

楽器:ピアノ

ホームページ/ブログ

http://www.shoheinet.jp/

プロフィール

1985年生まれ。大阪府出身。5歳よりピアノを始め、2004年 桐朋女子高等学校音楽科(共学)卒業後、渡欧。2005年 パリ・エコール・ノルマル音楽院卒業(ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生)。2006年~2008年 桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを経て、2009年より渡米、N.Y.で研鑽を積む。2013年4月より完全帰国。
これまでに、稲垣千賀子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、二宮裕子の各氏に師事。NYではチャールズ・ナイディックの薫陶を受ける。

≪受賞歴≫
幼少よりピティナ・ピアノコンペティションに参加、1995年 B級金賞、1996年C級銅賞、1997年D級銀賞、1998年E級銀賞、2000年G級金賞。

2000年 第1回ショパン国際コンクール in ASIA (中学生部門)金賞。
2001年 ピティナ・ピアノコンペティション コンチェルト部門最優秀賞。
2003年 ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ。
2003年 第1回福田靖子賞受賞(第一位)。
2003年 第5回浜松国際ピアノコンクール第4位入賞。
2004年 第8回松方ホール音楽賞大賞。
2005年 第2回ショパン国際ピアノコンクール派遣コンクール金賞受賞。
2005年 第5回モロッコ国際音楽コンクールで、満場一致で優勝。
2005年 第15回ショパン国際ピアノコンクールにて第4位入賞。
2005年 第15回青山音楽賞新人賞受賞
2006年 第32回日本ショパン協会賞受賞。

≪演奏歴≫
2000年 N.Y.カーネギーホール(ワイル・リサイタルホール)及びスタインウェイホール出演。
2001年 初のソロ・リサイタル開催(川西市みつなかホール)。
2003年 アレクサンダー・ガブリリュクとラフマニノフ / 組曲第2番を共演。
2004年 コルトーホール(パリ)に出演。
2005年 在フランス日本大使館主催コンサート及び、N.Y.カーネギーホール(ザンケルホール)"THE PASSION OF MUSIC" に出演。
2006年 N.Y.カーネギーホール(アイザック・スターン・オーディトリウム)出演。
2007年 ロンドン・カドガンホールでイギリス室内管弦楽団と共演、10月ドイツ・イタリアへ演奏ツアー。
2008年 モンテカルロ・フィルの日本ツアーに、ソリストとして参加。
2013年 N.Y.オライオン弦楽四重奏団の日本ツアーに、ソリストとして参加。
2013年 テレビ朝日系「題名のない演奏会」に出演。
2013年 横浜市招待国際演奏会にて、高関健指揮日本フィルと共演。

≪レコーディング≫
2006年 デビューCD「ショパン・リサイタル」をリリース。
2012年 CD「グレイ・パール~ブラームス後期ピアノ作品集」(Sony Music Direct)リリース、朝日新聞等に取り上げられた

これまでに、兵庫県立芸術文化センター管、関西フィル、日本フィル、読売日響、東京交響楽団、アンサンブル神戸、ワルシャワ国立フィル、ザルツブルグ室内管、大阪フィル、NHK交響楽団、イギリス室内管、新日本フィル、モンテカルロ・フィル、日本センチュリー響、大阪交響楽団等と共演。
2014年3月より金城学院大学非常勤講師及び、4月より菊里高校非常勤講師に就任。
[ブログ http://www.shoheinet.jp] 
[ピティナ教室紹介 http://www.piano.or.jp/teacher/112268]
(2013年11月18日現在)

Profile

Born 1985 in Osaka Japan, Shohei Sekimoto started playing the piano at the age of 5.
2004-graduated from Toho Gakuen School of Music
2005-graduated from Ecole Normale de Musique in Paris (Rohm Music Foundation Scholar)
2006- entered Toho Gakuen School of Music, Soloist Diploma Course

He won several competitions in Japan including PTNA Piano Competition starting from the gold prizes both B grade(1995) and G grade (2000), Grand-prizes both Concerto grade (2001) and Grade Superior(2003) , and the 1st Yasuko Fukuda prize (2003).
He also won the 1st golden prizes at the Chopin International Piano Competition in ASIA, both junior high school division(2000) and Delegate Competition(2005).
He also won international competitions such as;
2003- 4th prize at the 5th Hamamatsu International Piano Competition
2005- 1st prize at the 5th Morocco International Music Competition
2005- 4th prize at the 15th International Chopin Piano Competition in Warsaw
He received the awards including 8th Matsukata hall Music Award(2004),
Aoyama Music Prize for new artist and the 32th Chopin Society of Japan Awards(2006).

He successfully performed with many orchestras including Kansai Philharmonic Orchestra, Japan Philharmonic Symphony Orchestra, Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, Tokyo Philharmonic Symphony Orchestra, Ensemble KOBE Orchestra, Warsaw Philharmonic Orchestra, Salzburg Chamber Orchestra, Osaka Philharmonic Orchestra,
NHK Symphony Orchestra, English Chamber Orchestra(in London Cadgan Hall),New Japan Philharmonic Symphony Orchestra, Orchestra Philharmonic de Monte-Carlo(Japan tour),Osaka Century Symphony, Osaka Symphony and others.

He performed numerous recitals throughout Japan and abroad.
He also played at the concerts in several venues such as;
2000- Concerts at Carnegie Hall (Weil Recital Hall) and Steinway Hall in NY
2004- Concert at Cortot Hall in Paris
2005- Concert at Carnegie Hall (Zankel Hall) “The Passion of Music”
2006- Concert at Carnegie Hall (Isaac Stern Auditorium)

The new CD”Brahms Op.117,118,119 ” (Sony Music Direct)has been released in 2012.
He has studied with Chikako Inagaki,Mikhail Voskresensky and Yuko Ninomiya. He currently lives in NY and also learned music from Charles Neidich.
Copyright 1996-2015 TO-ON KIKAKU Co., Ltd.