ホーム > アーティスト> アレクサンダー・コブ...

協力アーティスト

アレクサンダー・コブリン
Alexander Kobrin

楽器:ピアノ

ホームページ/ブログ

プロフィール

1980年モスクワ生まれ。5歳でピアノを始め、グネーシン特別音楽学校へ入学。名教授タチアナ・ゼリクマンに師事。その後、モスクワ音楽院で、レフ・ナウモフ教授のもとで研鑽を積み、同大学院を修了。これまでに、ネイガウス、ブゾーニ、浜松、グラスゴー、カルタニセッタ、およびワルシャワ・ショパン国際コンクールに上位入賞、音楽を通して聴衆を魅了した。

2005年第12回ヴァン・クライバーン国際コンクールに優勝、権威あるナンシーリー&ペリーR.ベース金賞受賞後、コブリンは、バスホールでの”クライバーン・シリーズ”やワシントン・パフォーミング・アーツセンターを含む初の全米ツアーで確固とした評価を高めた。続くヨーロッパでは、ラ・ロク・ダンテロン音楽祭、ラヴィニア音楽祭、ベートーヴェン・イースター音楽祭、ハノーファー優勝者シリーズ、またルール・ピアノ音楽祭にデビュー。各地で絶賛され、”解釈の才能と深い洞察力”、”優雅さ、気品と精神”と評された。

レコーディングは、ハルモニア・ムンディからのヴァン・クライバーンコンクールライブ録音(2005)のほか、3タイトルのショパン作品集(キング・インターナショナル)、ブラームス作品集(Quartz)をリリース。近く、ハイドンとシューマンのディスクをリリース予定。

これまでに、ヨーロッパ、アジアおよび米国で精力的な演奏ツアーを行い、ニューヨーク・フィル、東京交響楽団、イギリス室内管、ヴェルディ管、スイス・ロマンド管、モスクワ・フィル、ロイヤル・リヴァプール・フィル、ダラス響、ベルリン響、シカゴシンフォニエッタ等と共演。

最近では、ベートーヴェン・アカデミー管とのドイツ・ツアー、ヴァルチュハ指揮・スウェーデン放送響、モンゴメリー指揮・アルスター管、メルロー指揮ベルリン・ドイツ響、大植英次指揮・ワルシャワ・フィル、フロール指揮・KBS響、アーバンスキ指揮・BBC響、クリスティ指揮・フェニックス響、バーミンガム市響や、フォートワース響、フロリダウェストコースト響、フォックスバレー響、フェアバンクス響、フラッグスタッフ響、コロンバス響に出演。

リサイタルは、パリ・ルーブル美術館やコルトーホール、ロンドンのウィグモアホール、アルバートホール、ミュンヘンのヘラクレスザールやベルリン・フィルハーモニー、ワシントンのケネディ・センター、N.Y.カーネギー・エイブリーフィッシャーホール、モスクワ音楽院ホール、香港・シビックセンター、ミラノのサラ・ヴェルディほか多数出演。またパリのサル・ガヴォーでのリサイタルは、MezzoとARTEにより放送された。イタリア各都市のツアーほか、日本や中国に定期的に招かれており、2012年はプレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管とも共演。

彼は現在、教育にも情熱を注ぎ、自身”喜びをもって演奏と教育のバランス保ち、音楽への感情のアプローチの道を進み続けている”と語り、次の世代に真のインスピレーションを与えている。

グネーシンアカデミー(2003年~2010年)、マネス音楽大学のIKIF音楽祭の教授団(2006年~)、コロンブス州立大学シュオブ音楽学校ピアノ主任教授(~2012年)を経て、現在はニューヨーク大学スタインハート音楽学校教授を務めている。

コブリンのニューヨーク公演は大きな成功をおさめ、評論家は以下のように評した;
“リリシズム、それは思慮深く形作られた歌のラインに見事に言い表されている”
“ときに徹底的に力を制御する場合、彼は冷酷なエッジで十分にそうした”

コブリンの演奏ライブを聴くことは、ニック・ロジャースによって上手く要約されるであろう(ラフマニノフの協奏曲への評)
"コブリンのまばゆいばかりの器用さは確かに超自然的であったが、彼の才能と演奏は、明らかに人間そのものであった"。

2013年1月15日 現在

Profile

Internationally acclamied Russian pianist Alexander Kobrin was born in 1980 in Moscow. He completed his studies in Gnessin School of Music with professor Tatiana Zelikman and at the Moscow Tchaikovsky Conservatoire with professor Lev Naumov, becoming a last graduated student of a renowed Master.

Alexander Kobrin is the winner of numerous international piano competitions, including Glasgow, Busoni, Hamamatsu and Van Cliburn International Piano Competitions, as well as receiving numerous special awards for his brilliant technique and musicality, and for emotionally engaging with the audience through music.

Since receiving the prestigious Nancy Lee and Perry R. Bass Gold Medal at the Twelfth Van Cliburn International Piano Competition in June 2005, Kobrin solidified his reputation with an outstanding first tour of the United States, including recitals at Bass Hall for the Cliburn Series and for the Washington Performing Arts Society, followed by further debuts at La Roque d’Antheron, Ravinia Festival, Beethoven Easter Festival, Hannover Prize winners Series, Turner Sims and at the renowned Klavier-Festival Ruhr, with critics praising his “interpretative musicianship [and] considerable insight”, “elegance, grace and spirit”.

His appearances worldwide have featured recitals and performances in many major halls, including the Louvre Auditorium and Saller Cortot in Paris, Wigmore Hall and Albert Hall in London, Munich Herkulesaal and Berliner Filarmonia Hall in Germany, Kennedy Centre in Washington, Enescu International Festival in Bucharest, Belgrade Philharmonic with Mihail Jurovsky conducting, Avery Fisher Hall in New York, the Great Hall at the Moscow Conservatoire, Sheung Wan Civic Centre in Hong Kong, as well as the Esplanade Concert Hall, Sala Verdi in Milan, and many others. He has also performed at Salle Gaveau, Paris, where both Mezzo and ARTE broadcast his recital. Alexander has also made appearances and given masterclasses at the Festival Musique dans le Grésivaudan and the International Keyboard Institute & Festival in Mannes as well as at the International Piano Series and the Busoni Festival, and has given a recital tour of Italy including cities such as Milan, Rome, Florence, Bolzano, Verona, Palermo and many others.
He has also given annual tours in Japan and China, and has performed with the Russian National Orchestra with Mihail Pletnev.

Alexander Kobrin has been a real inspiration to many students. He served on the faculty of the Gnessin’s Academy of Music from 2003 to 2010; since 2006 he has been on the faculty of the IKIF at Mannes College of Music, and is now the “L.Rexford Whiddon Distinguished Chair in Piano" at Schwob School of Music of Columbus State University.

Mr. Kobrin was also the first pianist to give a charity recital in New Orleans, Louisiana after Hurricane Katrina.
Copyright 1996-2015 TO-ON KIKAKU Co., Ltd.